低価格競争の中でお客様を引き寄せる方法

物価が上がっている中で、各企業は何とか経営をしていくために商品やサービスなどの価格を下げて、低価格でより多くのお客様を引き寄せる集客方法があります。でもこの方法は小さいお店になればなるほど不利になります。

最終的に生き残るのは大型店舗になるのです。

一方で、価格を上げる代わりに商品の品質を上げたり、想像をしていない魅力的な商品を活用して、集客を狙っている店もあります。

サービスなどの高品質化で、価格は上がったとしてもお客様の満足度を上げる事で集客を狙うのが目的です。

物が売れなければ、店舗が生き残っていくために低価格で集客を狙うのは臨時的な手段と言えます。

一方で品質などの良い要素が多くて、価格がある程度高かったとしても、独自の経営の手段で成功している店も多いです。

お客様を集めるためにはライバルの店舗と同じような経営をしないで、市場などの調査を徹底的に行って、調査に基づいて独自に集客効果を得る経営を展開する事が求められます。

具体的にはお子様に魅力的な商品やサービスを提供したり、誰でも親しんで利用できる商品の提供を行う事が集客方法の基本です。

また、日本はテレビでもよく特集されていますが人口の高齢化がとても進んでいます。2013年の国のデータによると65歳以上の割合は25%になります。過去最高となっています。そのためシニア世代のサイトへの集客もしっかりと取り組みたいです。

例えば化粧品、ヘアケア関係だと年代を大きく扱って集客がやりやすいです。「60歳以上のお肌のお悩み解消!」みたいに、年齢をはっきり提示したほうがユーザーにはわかりやすいです。

しかし他のジャンルだとあまり年齢を強調すると抵抗感があります。

今、ホットな市場の格安スマホなどはどうシニア世代に提案すればよいでしょう?
あまり年齢を強調するとちょっと抵抗感もある人も多いかもしれません。
でも使いやすさでアピールすれば、躊躇していた人も検討するかもしれません。そして、孫達とコミュニケーションを簡単に取れるツールだということを知れば多少の器械アレルギーだとしても積極的にスマホを使おうとするかもしれません。

全体的にはネットではやっぱりスマホ世代と呼ばれる層が「読む」、「見る」「利用する」を前提にサイトが構成されていると思われます。

しかしシニア世代の存在もしっかりと意識してサイトへの集客でも、もっと力を入れたいところです。

<特別サポート>
お家の見直ししま専科|内職|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|FXシストレ|アフィリエイト相互リンク|GetMoney|ダイエットジムフランチャイズ|ページランク ランキング|JALカード|副業ランキング|電子マネー|相互リンク・Tie-up|家計見直しクラブ| 相互リンク募集|